2011年4月

トリートメント処理剤!?2011年4月19日 15:52

●ペリセア 旭化成ケミカルズの脂肪酸とアミノ酸からつくられた化粧品原料

●ヒドロキシエチルウレア S100A3のダメージホールの補修

●シリル化シルク、アルキル化ヒートシルク 加温や油分と結合する事で皮膜を形成

●γ型、α型ケラチン 純粋なケラチンを高濃度で含有。毛髪内の分子間架橋を構築する目的。ハイダメージに優れた効果を発揮します。
●ヒートケラチン 髪の内部で分子量をでかくする

●キトサン誘導体 パーマやカラートリートメントと各面で使用できる薬剤。他のPPTや脂質との混同で効果up。枝毛 (川研キトアクア、一丸キトフィルマー)

●サルファイト(還元剤)ブンテ塩

●リシン(リジン)アミノ酸

●ヒアルロン酸Na 保湿効果 補修

●酸性チオ・酸性シス(還元剤) 

●銅クロロフィル 架橋 矯正用

●ゼイン 硬化

●カチオン化セルロース 増粘、薄膜効果 ダメージ部への吸着

●カルボキシメチルセルロースNa 増粘、イオンコンプレックス用

●ヘマチン ヘモグロビンから作られた薬剤。活性酸素除去、タンパク架橋、UVカット、カラーの退色防止等優れた効果

●ポリフェノール 有機酸との併用でアルキル鎖を外側へはりだす特徴をもつ。脂質の吸着

●アワル(ニュートラルヘナ) 収斂

●ポリアミドエピクルヒドリン http://www.patentjp.com/10/D/D100002/DA10222.html

●シェラック 水溶性ラックコート剤

●エタノール誘導体 無水エタノール、変性アルコール 希釈、吸着、揮発

●CMC処理剤 脂肪酸やコレステロール、リン酸など

●ホホバ種子オイル 浸透性の油 ヘナとの相性がいいです

●小麦蛋白 カラーとの相性良 毛先の艶

●シリコーン シクロメチコン(混ぜ用)

説明不足なのでおいおい更新します!!

川研ファインケミカル キトアクア
クローダジャパン ミルスタイル
一丸ファルコス キトフィルマー・プロティキュート
旭化成ケミカルズ ペリセア 
日本精化 ナノリペア